ベジママを知る

ベジママの成分ってどんなもの?向き不向きはあるの?

「葉酸サプリ」と「妊活サプリ」の2役をこなす便利なベジママ

そんなベジママには一体どんな成分が含まれているのか気になっている方もいらっしゃるのではありませんか?

「妊娠する」という自分の目的を果たせる成分が含まれているのかを知りたい方もいれば、危険な成分が含まれていたりしないかを心配している方もいることでしょう。

そこで今回は、妊娠確率アップ↑に期待が寄せられるベジママの成分について詳しく解説していきます!

ベジママの成分から効果や安全性を探っていきましょう♪

 ベジママで注目するべき成分はこの3つ!

まず先に、ベジママで注目するべき3つの成分からご紹介していきます。

どれも妊娠の夢を叶えるために役立つ成分なので、妊娠を目的としてベジママを使おうと考えている方はぜひチェックしてみてくださいね☆

 ピニトール

葉酸サプリの中でもベジママにしか含まれていない話題の妊活成分。

それがピニトールです。

ピニトールはビタミンB群の一種で、不妊の原因になる多嚢胞性卵巣症候群へ効果があると言われています。

なぜならこのピニトールが多嚢胞性卵巣症候群を引き起こす原因となっているインスリンの異常を正常に戻すからです。

ちなみにインスリンとは膵臓から分泌されるたんぱく質性ホルモンのことを言い、糖尿病の治療にもよく使われています。

また、ピニトールを摂取することで血糖値の上昇が抑えられ、それによって冷え性が改善。

妊娠しやすい体づくりにつなげることができますよ!

 ルイボス

ベジママに含まれる成分でピニトール以外にもう1つ注目しておくべき成分があります。

その成分というのがルイボス

ルイボスは亜鉛・カリウム・マンガンといった豊富なミネラルを含んでおり、体の健康維持に最適です。

さらにルイボスへ含有する酵素が体に害をもたらす活性酸素を撃退!

ベジママからルイボスの栄養素を摂取していれば、次第に妊娠確率も高まることでしょう♪

 葉酸

そして3つ目のベジママ注目の成分が、葉酸です。

これまでご紹介したピニトールなどと違い、どの葉酸サプリにも含まれている葉酸ですが、この葉酸も妊活中と妊娠後にママの体へ良い影響をもたらします。

その詳細につきましては次項でお伝えしていきますね♪

 ベジママに含まれている成分から分かった商品の特徴

ここまでベジママに含まれている3つの成分をご紹介してきましたが、それらの成分から分かるベジママの特徴には次のようなものがあります。

ベジママの成分だけでなく、その成分によってどんな効果を得られるのか気になっている方も要チェックですよ!

 ベジママは妊活に向いている葉酸サプリ

ベジママの成分を見て分かる1つ目の特徴が、ベジママは妊活向けの葉酸サプリという事。

ピニトールのように不妊の原因へつながる病気を改善する成分が配合されているベジママは、不妊の悩みを抱えている方にすごくおすすめですよ!

また、卵子の質を低下させる活性酸素の働きを弱めるルイボスも、妊活で悩みを抱える私達の良きサポーター役となってくれます。

これら2つの成分による働きで、妊娠しやすい体に近づけられるというわけですね♪

 妊娠後はベジママに含まれる葉酸が大活躍!

妊娠前にはピニトールとルイボスが活躍しますが、妊娠後はベジママに含まれる成分葉酸が大活躍します!

葉酸はお腹の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を患うリスクを軽減する効果があるからです。

神経管閉鎖障害とは正常に赤ちゃんの脳が形成されない「無脳症」や、赤ちゃんが体の下半身を自由に動かせなくなる「二分脊椎」のことを言います。

上記2つはどちらも、我が子の健康を願うママにとって絶対に避けたいことのはず。

そこで葉酸を摂取すると、そのような障害の発症率を下げることができるのです。

ですからベジママは妊活をしている時だけでなく、妊娠初期にもおすすめの葉酸サプリとなっていますよ!

 ベジママの成分で注意しなければいけないことって?

ママと赤ちゃんの体にたくさんの良い影響を与える成分を含んだベジママはとても魅力的。

ところがそんなベジママにも、いくつかの注意点があります。

ここからはそのベジママを使う時に注意しなければいけないことをお伝えしていきますね。

 ベジママを使うならアレルギー成分に注意!

まずベジママを使い始める前に注意しておかなければいけないのが、ベジママに含有するアレルギー成分です。

アレルギーを持っていない方だったら何の問題もないベジママの成分。

しかし、ベジママの中に1つでも自分が抱えているアレルギー成分が含まれていた場合は、そのせいで体に異常が現れてしまうことも考えられます。

そのため事前にベジママへアレルギー成分が含まれていないかどうかを確認するなどして、アレルギー反応を引き起こさないために対策を取っておきましょう。

 注意!ベジママには鉄分やカルシウムが含まれていない

その他に注意しなければいけないのは、ベジママには妊娠中に欠かせない成分である鉄分やカルシウムが含まれていないこと。

ベジママは鉄分とカルシウムなら食事だけでも十分にカバーできると考え、あえて配合を避けたようですが、それが逆に不便に感じてしまう方もいることでしょう。

もしも葉酸サプリからの鉄分・カルシウム摂取を望んでいた時や、元から貧血の悩みを抱えていた方はご注意ください。

 できるだけ添加物を避けたい時も注意が必要

ベジママの成分を気にしている方の中には、添加物などの危険な成分が含まれていないかを心配している方もいることだと思います。

そこでベジママには添加物が含まれているのか確認してみると、2つの添加物を使用していることが分かりました。

その添加物が「結晶セルロース」と「ステアリン酸Ca」です。

ですがこの2つの添加物は今までに大きな問題が起きたとの報告はなく、たとえベジママから摂取をしても体への害はほとんど無いようです。

それにベジママは上記の他に添加物を一切使用していないので、

「どうしても添加物が気になる…。」という場合だけ注意するようにしましょう。

 まとめ

ベジママでは、注目するべき成分から注意しなければいけない成分まで様々ありました。

そのベジママに、あなたが望む効果を得られそうな成分は含まれていましたか?

何点か注意しなければいけない部分もあるベジママですが、含まれている成分から考えると妊活中はとても役立つことでしょう。

赤ちゃんの妊娠を目指して、みなさんもベジママを使用してみてくださいね♪